キャンニバル ジャパン アスリート 前田 凌輔 選手 アジア選手権U23・ジュニアエリート日本代表選考会(2017/宮崎) レポート

0

     


    DSC_1220.JPG


    アジア選手権U23・ジュニアエリート日本代表選考会(2017/宮崎) 2017.4.23 前田凌輔

    2017/4/23 開催地:宮崎市みやざき臨海公園周辺
    順位:3位 出場人数:48名
    総合タイム:0:55:35 Swim:0:08:24(1) Bike:0:39:37(1) Run:0:15:58(5)
    Topとの差 +0:01:03 −0:00:01 +0:00:02 +0:00:59

    男子U23/Jr.総合結果

    1位 山本 康貴(SA京都)
    2位 渡部晃大郎(博慈会)
    3位 前田 凌輔(ベルリオ)


    リザルト http://www.triathlon.org/results/result/2017_playa_hermosa_camtri_triathlon_american_cup/308521

     

    DSC_0998.JPGDSC_1042.JPGDSC_1080.JPGDSC_1090.JPG

     

    レース展開

    Swimは100mあたりで先頭に出てからは、終始先頭をキープ。
    うまくペースメイクができ、スイム終了時には、後続と13秒、後続集団とは30秒程の差がついていた。

     

    Bikeは5周回。2周を自分のペース、単独で走ったが、後続との差が縮まっていたから、
    足を緩め、程なく15人ほどの集団に吸収される。
    その後も積極的に少数の逃げを決めようと、動いてみたがうまく決まらず、そのままバイクを終える。

     

     

    DSC_1187.JPG

    DSC_1197.JPG

    DSC_1185.JPG


    Runは3周回。出だしはある程度ペースを抑えて、5kmをうまくまとめられるような意識で。
    1周目の中盤、優勝した山本選手のペースアップには反応せず、自分のペースをキープすることに。
    それがあだになり、その差を最後まで詰め切ることができなかった。

     

     

    DSC_1220.JPG


    3週目に入ったところで、2位の渡部選手、4位の杉原選手に追いつかれ、

     

     

    DSC_1224.JPG


    その後は3人それぞれに仕掛け合い、最後は渡部選手とのスプリント勝負にも負けてしまった。

     


    所感・改善策
    ・バイクで後続との差が30秒で単独という想定はしておらず、その結果思い切ったレースにできなかった。
    自分のレーススタイルを、自分の中に定着させきれていない。
    →冷静になりつつも、攻めの姿勢を崩さず、チャンスがあればそれをものにしていけるように。
    ・ランではオーバーペースになるのを恐れてしまい、1周目のペースアップに反応しなかったせいで、
    勝負にも持ち込めなかった。
    →スタート前からどのようなレースマネジメントをするか決めておく必要がある。
    レースが一番の練習になることを忘れないように。

    次戦
    4/30 Subic Bay ASTC Triathlon Asian Cup (Philippines)

    いつもみなさま応援ありがとうございます。
     

     

     

    PA01271863.png

     

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:151 最後に更新した日:2018/10/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode