キャンニバル ジャパン アスリート 前田 凌輔 選手  2017 British Triathlon Mixed Relay Cup  レポート

0





    2017 British Triathlon Mixed Relay Cup 2017.9.02 前田凌輔

    2017 British Triathlon Mixed Relay Cup
    2017/9/02 開催地:ノッテンダム イギリス
    順位:5位 出場チーム:17チーム
    Swim:300m Bike:7.5km Run:1.5km
    総合タイム: 1:22:06
    Topとの差 +0:03:07

    1位 1:18:59 Team Leeds
    2位 1:19:40 Team Lougborough
    3位 1:20:28 Team Canada


    リザルト https://resultsbase.net/event/4110/results





    レース展開
    先頭は4人の集団でその後ろは数秒間隔でバラバラと1走の選手が戻ってきた。
    日本チームの1走、瀬賀選手から9位でバトンタッチをされ、スイムへと走り出した。

    前の2人の選手とは3秒ほどの差があったが、スイムの200m手前でキャッチして、
    そのまま3人でスイムアップ。その勢いのまま少し前をいく2人の選手まで追いつくつもりだった。
    だがウェットスーツを脱ぐのにもたついてしまい、3〜5秒ロスをしてしまった。

    その間に追いつこうと思っていた2人の選手はいってしまい、
    スイムを一緒に上がった1人のイギリス選手も5秒ほど先にいってしまっていた。
    そのイギリスの選手には乗り出しで追いつくことができたが、そこで足を消耗してしまい、
    追いはしたものの結局前をいく2人の選手までは届かなかった。
    だが、まだ自分のレースが終わったわけではないので、ランに入ってからもその2人を追い続けた。

    序盤は差が縮まらなかったが、600mを過ぎたあたりから徐々に差が詰まっていき、
    1kmあたりでとらえることができた。
    そこからは4人の中でも先頭で3走に繋ごうとポジション争いをしていたが、
    ラストスパートをかけることができずに4番目(全体8位)でのバトンタッチになってしまった。

    その後は3走の久保埜選手が単独5位で、4走 山本選手にバトンタッチ。
    山本選手はスイムから終始単独だったが、ポジションを落とすことなく、日本チームは5位でフィニッシュした。





     

    所感・改善策
    ミックスリレーの中では今シーズン一番良いレースができたと思う。
    スイム、バイク、ラン共にしっかりと強度を上げた中でのパフォーマンスをすることができた。
    それができたからこそ見える課題も得ることができたので、
    今後のミックスリレーに向けてもとても良いレースにすることができた。


    いつもみなさま応援ありがとうございます。

    次戦 9/16 ITU World Triathlon Grand Final Rotterdam





     

     

     

     

     

     

     

    PA01271863.png

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:134 最後に更新した日:2017/10/31

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode