キャンニバル ジャパン アスリート 前田 凌輔 選手 Gamagori NTT ASTC Triathlon U23 Asian Championships レポート

0




    Gamagori NTT ASTC Triathlon U23 Asian Championships 2018.6.24 前田凌輔

    Gamagori NTT ASTC Triathlon U23 Asian Championships
    2018/6/24 開催地:愛知県 蒲郡市
    順位:3位 出場人数:30人
    Swim:1500m (750m×2lap) BIKE:37km (4.6km×8lap) RUN:10km (2.5km×4lap)
    総合タイム:1:47:39 Swim: 18:38(1) Bike:51:02(3) Run:35:37(7)
    Topとの差 +00:00 +00:02 +02:00
     

     1位    1:45:53 Takumi Hojo
     2位    1:46:38 Taishi Fukuyama
     3位    1:47:39 Ryosuke Maeda


    リザルト http://www.jtu.or.jp/results/2018/18gamagori_u23_result.pdf


    レース展開



    レース2日前から現地入りをして、レースが近づくにつれて確実に
    パフォーマンスが上がってきているのを感じられていました。
    レース当日もどのくらいのウォーミングアップをしたらよいか、
    感覚でスッと判断できるくらいに自分の身体の状態が把握できていました。




    今回のレースでは一瞬のパワーが必要でないことはわかっていたので、
    いつもよりリラックスしてスタート。
    思っていたよりも周りの選手との接触はありましたが、
    落ち着いてペースをつくって1周目の折り返しで3番手のポジションに落ち着くことになりました。




    後半にペースダウンしないように体力が温存できる泳ぎを心がけ、
    1周目を終えたところで後ろを振り返ると、多くの選手が連なっているのが確認できました。




    そのままのペースでいっても人数が絞られることはわかっていましたが、
    バイクで少人数の逃げ集団を形成したかったので、
    2周目に入ってペースが落ち着いたところからペースアップを試みました。
    折り返してからは1周目のときにはドラフティングをしていたのでそれほど感じることはなかった向い波を感じましたが、
    ここがひとつ目のポイントだと判断しそのままのペースで泳ぎ続けました。

    2度目の上陸で再度後ろを確認すると日本人5人、韓国選手1人の6人の集団。
    このままではバイクで思うような展開に持ち込めないと思ったので、
    トランジッションまでの150m、バイク乗り出しでひとつギアを上げてみました。
    その結果日本人4人の集団を形成することができ、意思疎通も取り合いながら後続との差を
    広げにかかることになりました。
    サポートスタッフの方々からの情報で、周回を重ねるごとに差を広げられていることが把握できており、
    その中でも足にかなり余裕があったので残り15kmあたりで仕掛けることを密かに狙っていました。

    ですが、後続との差が2分ほどまで広がった4周目あたりのUターンで少し攻めすぎてしまい、
    スリップによる単独落車をしてしまいました。ほかの3人を巻き込まなかったことは安心しましたが、
    集団復帰した後からそれまでのリズム、感覚ではなくなってしまい、
    思い描いていたプランを変更するしかありませんでした。
    それまであった余裕もなくなり、周回を重ねるごとに疲労感は増していき、
    ランへの不安が少しずつ生まれていました。




    2分差まで広がった後続は意識しておらず、3人の様子をじっくり伺いながらレースはランへ移りました。
    1周目からいき続けられる状態ではなかったので一番後ろにつきながら、
    ペースも抑えながら後半に向けて心身共に準備をしていました、
    2周目に入ったところでペースアップがありましたが、後半ペースダウンしてくることはわかっていたので、
    それには反応せず一定の差を保ちながら3周目に入っていきました。




    いよいよここからペースを上げていこうと思っていたところで、身体が動かなくなる方へシフトしてしまいました。
    それも気持ちひとつでまたシフトしなおせると思いなおし、
    その後何度か走り方を変えて挽回を図りましたが、一度崩れたリズムをもとに戻すことはできませんでした。
    その結果、目標としていた優勝から2分近くも遠のいた、3位という結果でレースを終えました。





    所感・改善策
    今回は確実に獲らなければいけないものでした。
    今年は思うようにいかないレースばかりで、今回ようやく気持ちと身体がマッチしていたので、
    自分の中での高揚が抑えきれていなかったのが、勝ち切ることができなかった原因だと思います。
    前半戦の最後くらいは良い結果で〆たかったのですが、それほど甘くないようです。
    今回のレース前半戦が終わり、次戦まで2カ月近く準備期間があります。
    その2ヵ月で前半戦の悔しさをすべて晴らせるくらいの結果が残せるように、
    しっかりと目標に向けて取り組んでいきます。


    次戦
    8/18 Sokcho ASTC Sprint Triathlon Asian Cup


    いつもみなさま応援ありがとうございます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PA01271863.png

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:143 最後に更新した日:2018/06/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode