キャンニバルジャパンアスリート 前田凌輔選手 ITUアジアトライアスロンカップ(2015/蒲郡) レースレポート

0


    11225455_380188205505049_9113081654016385004_n-001.jpg

    ITUアジアトライアスロンカップ(2015/蒲郡) 2015.6.22 Bullets 前田凌輔

    今回のレースは先週の反省をどれだけ活かせるかが一番不安でした。
    100%とはいかなかったものの、85%くらいまではばっちり調整ができました。
    レース前には雨もあがり、路面はウェットでしたが、レースには適した気候。


    IMG_1096.JPG

    スイム 750m×2
    右から15番くらいをチョイス。スタートの反応はよく、抜けられるギリギリのところでサイドに捕まってしまい、
    1stブイまでは大混戦。2ndブイからは立て直せ、1周目終了時点で9番手あたり。
    2周目もペースを上げスイムフィニッシュ時には5番までなんとか巻き返すことができました。


    IMG_1080.JPG


    cannibal4.JPG
    cannibal3.JPG

    バイク 5km×8
    スイムでトップから15秒遅れ。先頭に追いついまではとにかくもがき、1周目の序盤で追いつく。
    ようやく集団が固まってきて、落ち着きかけた矢先、目の前の選手がコーナーでスリップし落車。
    やはりここの注意力に欠けており、そのまま突っ込んでしまい自分も落車。ですが、
    気づいたときにはバイクのところまで走っており、メカトラも運良くなかったので、再度ひとりで先頭を猛追。
    なんとか集団復帰できました。集団復帰してから痛みが出てきて、アドレナリンの力はスゴイなと再認識。
    そこからは4人で淡々ローテし、後続集団との差を70秒まで広げることに成功しました。


    cannibal 5.JPG

    ラン 2.5km×4
    トランジションで少しもたつき先頭から4秒遅れでランスタート。ランはまだ復帰したばかりなので、
    自分のペースを保てるようにが目標でしたが、まだまだトレーニング不足で3周目に入る頃にはペースダウン。
    4周目には足が止まってしまうくらいまで落ち、後続集団の選手にも4人抜かれ9位でフィニッシュ。


    cannibal6.JPG

    結果はよくありませんが、自分の中では満足したレースができました。根拠のないことになってしまいますが、
    ランも前を走る選手の走りをみて、なぜだかイケるぞと思えました。一歩一歩確実に成長していけるように、
    目の前の課題をクリアしていきます。
    応援ありがとうございました。



     
    PA01271863.png
     




     
     


     



     
     


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:134 最後に更新した日:2017/10/31

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode