キャンニバルジャパンアスリート 谷新吾選手 第32回全日本トライアスロン宮古島大会 レポート

0


    21.JPG

    第32回全日本トライアスロン宮古島大会 2016.4.17 所属:タチバナ接骨院、西京味噌 谷新吾

    4月17日に開催された「第32回全日本トライアスロン宮古島大会」において
    谷新吾は、総合6位入賞を獲得しました。

    ■関連記事
    http://www.miyakomainichi.com/2016/04/87738/

    〜第32回全日本トライアスロン宮古島大会〜

    【開催日】  2016年4月17日(日)7:00スタート
    【開催地】  沖縄県宮古島市
    【競技内容】 スイム3kmバイク157kmラン42.195km(制限時間13:30)
    【出場者】  1546名(完走1277名)
    【公式サイト】http://www.miyako-net.ne.jp/~strong/index.html
    【結果】   総合第6位(日本人3位)総合タイム8:22:40
    スイム0:48:47(55位)/バイク4:21:45(7位)/ラン3:12:08(5位)


    8.JPG

    【レースギア】
    スイムゴーグル  :ビュー/ビューフラウ
    ウェットスーツ  :スワッチ
    ウェア      :キャンニバル/Taniプロトタイプ
    レースベルト   :キャンニバル
    ランキャップ   :キャンニバル/トラクターキャップ
    ソックス     :premier
    サングラス    :premier
    ヘルメット    :ルディプロジェクト/WING57
    バイク      :TNI/Fighter
    ホイール     :TNIロード38&エアロ80
    レースタイヤ   :パナレーサー/RACE A-Evo3チューブラー
    ハンドル     :TNI
    サドル      :クービー/232T
    ペダル      :タイム/XPRESSO
    バイクシューズ  :ガエルネ/G.STILO
    ランシューズ   :ニュートン/ディスタンスV
    補給食      :メダリスト/エナジージェル
    チェーンオイル  :squirt
    その他      :タービン


    24.JPG


    谷 新吾選手にインタビュー形式でレポート頂きました。


    1.JPG

    Q1 今年はどんなレースになると予想されていましたか。

    A1 僕自身レースに入ってみて、その場、その場で、いろんな展開が待ち受けているので、
    気持ちは、何しろレースを楽しんでいこう、とその想いだけですね。


    3.JPG

    7.JPG

    6.JPG

    Q2 スイムは、雨、バイクは風、ランは暑さと今年も過酷なレースになったようですが、いかがでしたか。

    A2 毎年なのですが、宮古島のレースは、3種目とも毎年ハードなコンディションですが、
    今年は天気がチェンジブルでした。
    実は、スイムが早い選手は、スイム中雨にあたってなく、バイクの途中でスコールになっているんですね。
    僕の場合は、トランジッションからぱらぱら雨が降っているなと感じ始め、5km、10km、とどんどん雨が降ってきて、
    これは昨年の再来かと、ひやりとしました。
    風の全体的な、風速の大きさは昨年の方が大きく感じました。ただ今年はどうも、向かい風のようで、
    ずっと向かい風が吹いているようで、きつかったです。
    その分バイクの疲労の蓄積が大きかったです。出ているみなさん一緒なので、その中で、どれだけうまくごまかしながら、体とうまく相談しながらやれるかでしょうね。


    16.JPG

    Q3 ランは疲労困憊でのスタートでしたが、谷選手は順位をあげていきましたね。どのような心持でしたか。

    A3 僕自身、スイムはぼちぼち、バイクの後半とランの後半をよく粘って走れたと思います。
    ランの後半は特に気持ちが乗って走れましたね。体調がよかったので、体調がいい時は、もう1度頑張れるチャンスが
    巡ってくると思っていますので。
    ランの前半は、前に人も見えず、単独で我慢が続きましたが、トップの戸原選手とすれ違い、海外選手がみえて、
    日本人選手も、、、
    ここからが谷の見せ所ではないか、と自分に言い聞かせました。


    13.JPG

    Q4 ラン後半、松丸選手との並走が話題になりましたが、いかがでしたか。

    A4 終わってみれば、松丸くんといいレースができました。25km位で追い付き35km辺りまでの10kmくらい
    並走しましたね。


    17.JPG

    Q5 松丸選手に追いついてからのデッドヒートだったんですね。

    A5 そうですね。折り返し後、松丸くんの姿が見え始め、追い付き一気に差をつけようと思いましたが・・・
    そう簡単には・・・
    松丸くんも下りで仕掛けてきたり、ほんとガチガチで勝負でした。松丸くんとは昔合宿でこれよくやったな。
    と思い出しながら走っていました。
    後で松丸くんに聞いた話なのですが、私が松丸くんのスイッチをいれてしまったようです。きついレースでしたが、
    展開を楽しめましたね。
    本当は、勝ちたかったですね。完敗です。彼についていかれなくて悔しいです。欲を言えばもう少し上の方で2人でやりかたったですね。2位、3位とかで。


    20.JPG

    21.JPG

    22.JPG

    33.JPG

    Q6  豊川に戻られて、反響はいかがですか。

    A6  反響はすごいですね。昨日スクールがあって、お世話になった方々もそうですが、特に同世代の僕より年上の
    方から、「おじさんパワーありがとう!!」て言われました。僕が、この歳でがんばっているので、
    それを目標に頑張っていきたいと、おしゃるので、怪我なく、いきましょうね。とお話ししています。
    上位を目指す方、完走目指す方、それぞれだと思いますので、怪我がなくできれば、トライアスロンは生涯スポーツ
    としてやれるので、みなさんに楽しんでいただきたいですね。


    19.JPG

    Q7 2016年は7月に皆生トライアスロン大会とございますが、これからの目標をお知らせください。

    A7 具体的には立てていませんが、今の練習環境、スクールの環境、がありますので、その中で、ベストを尽くしていきたいです。


    18.JPG

    Q8 2016年キャンニバルのレースウエアはいかがでしたか。

    A8 僕自身、1番のウエアです。ウエアでいつも重視しているのは、痛さ、動きにくさがでないかどうかですが、
    キャンニバルのウエアは、痛くなく、動きにくくもなく、苦しさもありませんでした。


    12.JPG

    Q9 CANNトラクターキャップはいかがでしたか。

    A9  毎年サンバイザーなのですが、僕は坊主なので、日焼けしてしまっていたのですが、これは頭が日焼けしなくていい
    ですね。あと、CANNが蛍光イエローなので、レースウエアとよくあって、かっこいいですね。


    30.JPG

    Q10 熊本県出身の谷選手ですが、熊本の方へメッセージお願い致します。

    A10 宮古島トライアスロン大会の閉会式で、義援金箱が設置されていました。
    私自身もそういうことしか協力できないのですが、他にも被災された方に協力できることがあれば、やっていきたいですね。両親達が被災しておりますが、震源地ではなかったので、ライフラインは通っており、大丈夫です。
    僕自身は、トライアスロンで頑張る姿をみせていく事かと思っています。
    熊本をもう一度元気にしたいですね。


    22-4.JPG

    Q11 同じ世代のトライアスロンを楽しんでいる方に、アドバイスやこつがあれば教えてください。

    A11 ハードに追い込むのは週1回でいいと思います。土日のどちらかに、体がベストな状態で集中して、
    ロングライドやロングランを行ったらいいかと思います。平日は、週末へ向けてコンディションを整えるくらいの
    イメージで、とにかく疲労を蓄積させないようにしましょう。怪我をしてしまわないように、気を付けて、楽しみましょう。


    32.JPG

    Q12  最後に皆様へメッセージお願い致します。

    A12 本当に、現地でも、メディアを通しても、いろんな方に応援して頂きました。応援なくして選手は走れません。
    応援されれば、された分だけ頑張れます。いい出会いと、みなさんがよいトライアスロンシーズンになりますように。
    今年も1年間頑張りましょう!!こらからも谷を応援よろしくお願い致します!!
    タンディガタンディ。ありがとうございます。

    谷 新吾

    谷 新吾 Shigo Tani (タチバナ接骨院・西京味噌所属) 
    HP http://www.shingotani.com/
    Blog http://blog.shingotani.com/



     
    PA01271863.png
     




     
     


     





    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:108 最後に更新した日:2017/04/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode