キャンニバル ジャパン アスリート ライフセーバー 西山 俊 選手 三洋物産 インターナショナル ライフセービング カップ2016 (サンヨーカップ) レポート

0

     


    6.jpg

    こんにちは!
    ライフセーバーの西山俊です!

    7月2日(土)・3日(日)に行われた
    【三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016】(以下サンヨーカップ)
    に出場してきましたので、そのご報告をさせていただきます。

    この大会は2006年からはじまり今回で9回目を迎える、
    ライフセービング・オーシャン競技の国際大会です。
    大会の規模も毎回大きくなっており、今年は8か国9チーム、
    過去最大規模で最もレベルの高い大会となりました。

    参加国は以下の通りです。

    ■日本(フル代表・ユース代表の2チーム)
    ■オーストラリア
    ■ニュージーランド
    ■南アフリカ
    ■イギリス
    ■アメリカ
    ■カナダ
    ■香港


    1.jpg

    僕にとってはオーストラリア修行から帰国後、
    最初の国際大会という事もあり、
    絶対に結果を残さなくてはいけない大会でした。
    僕の結果は以下の通りになります。

    【1日目】
    ・サーフレース                          10位
    ・スキーレース                            6位
    ・レスキューチューブレスキュー     5位
    ・ビーチリレー                             6位
    ・オーシャンマンリレー               6位

    【2日目】

    ・サーフレース                         8位
    ・オーシャンマン                      4位
    ・レスキューチューブレスキュー 4位
    ・ビーチリレー                         4位
    ・オーシャンマンリレー             6位

     

                                ☆チーム総合 4位

    まずはレース1日目。
    個人としてもチームとしてもギアが上がらず、
    これといった結果が出なかった日となりました。
    レスキューチューブレスキュー、ビーチリレー、ボードレスキュー
    といった団体種目の大半で日本ユースチームに負けてしまい、
    課題を多く残すこととなりました。


    2.jpg

    サーフレース直後。浮かない顔が目立ちます・・・

    初日が終わった時点での総合得点が4位。
    3位の南アフリカとはとても僅差でした。


    そして2日目。
    日本チームの目標が総合3位だったので
    「南アフリカにはどの種目も負けない」と、
    自分たちのレースだけでなく
    相手を意識したレース運びをしました。

    初日に他国のレベルが把握でき、
    2日目にそれを意識したレースをすることで、
    結果的に全ての種目で初日を上回ることができました。
    特に、一番想いを込めて臨んだオーシャンマンでは
    何が何でも先頭に食らいついていく気持ちでレースをし、
    強豪のニュージーランドの選手に初めて競り勝ち
    4位になることができました。

    僕よりも前でゴールしていた
    オーストラリア・南アフリカ・イギリスの選手とは、
    最後のランニング勝負で負けてしまいましたが、
    終始競り合うレースができたので
    これからの自信につながりそうです。


    3.jpg

    ボードレグ。先頭集団にびっちりくっついてレースを展開しました。


    4.jpg

    最後のランニング勝負。ここでも勝ちきれるようにこれから練習していきます!

    2日間の総合得点は、惜しくも南アフリカとの差を詰められず
    4位のままとなってしまいました。
    しかし初日から2日目と、レースの展開に変化が見られたことは、
    9月の本番、世界選手権に必ず活きると思います。

    世界選手権では更に格上の選手が
    多く出場してくることが予想されるので、
    今回得た経験をより磨き上げて臨みます!

    サンヨーカップは日本で行われる唯一の国際大会ということで、
    海外ライフセーバーとの交流もたくさんでき、
    とても良い機会にもなりました。
    今後、より大きな大会になることを心から願います。


    5.jpg

    2日目夜の表彰式・クロージングセレモニーにて。

    最後になりますが、大会に携わった方々、
    応援してくださった方々に感謝申し上げます。

    何度もいいますが、9月には世界最高峰の大会、
    ライフセービング世界選手権が待っています。
    そこに向けて、あと残り二か月しっかりとトレーニングしてきます!
    応援よろしくお願い致します!


    ライフセーバー
    西山 俊


    6.jpg

    名前:西山 俊(にしやま しゅん)1988年生まれ 現在27歳
    身長:176cm 体重:77kg
    所属チーム:湯河原ライフセービングクラブ(Yugawara L.S.C)

    西山 俊 選手 Shun Nishiyama
    HP http://shun-nishiyama.com/
    Facebook https://www.facebook.com/shunnishiyama0933?fref=photo
    Instagram https://www.instagram.com/shuuun__nishiyama/

    2016年主な成績
    ☆全日本ライフセービング・プール競技選手権大会
    ■100mマネキントゥ・ウィズフィン 54.44 優勝
    ■100mマネキンキャリー・ウィズフィン 49.38 優勝(大会新)
    ☆全豪選手権 AUSSIES2016
    ■サーフレース 準決勝敗退
    ■24歳以上サーフレース 決勝20位
    ☆神奈川県ライフセービング選手権大会
    ■サーフレース 優勝
    ■オーシャンマン 優勝
    ☆全日本ライフセービング種目別選手権大会
    ■オーシャンマン 優勝
    ■サーフレース 優勝

    2015年主な成績
    ☆ISAパドルボード世界選手権出場
    ☆全日本ライフセービング種目別選手権
    ■オーシャンマン優勝
    ☆サンヨーカップ日本代表
    ☆サーフチャレンジ日本代表キャプテン
    ☆全日本ライフセービング選手権大会
    ■オーシャンマン 優勝
    ☆オレンジ・ジャーマンカップ日本代表

    2014年主な成績
    ☆2014 ライフセービング世界選手権(フランス) 出場
    ☆2014年全日本ライフセービングプール競技選手権大会
    ■100mマネキンキャリーウィズフィン 優勝(日本新記録)
    ■100mマネキントゥ・ウィズフィン 優勝(日本新記録)

    2013年主な成績
    ☆2013年全日本ライフセービング選手権大会
    ■オーシャンマン 準優勝
    ■レスキューチューブレスキュー 優勝


     

     

     

     

    PA01271863.png

     

     

     

     

     


     

     

     

     

     

     


     

     

     


     
     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:134 最後に更新した日:2017/10/31

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode